Export・輸出

店舗販売向けの卸販売と、通販向けの卸販売に大きく分かれます。小規模小売店は、ブランドのイメージ戦略に使い、通販業者や大手チェーン店等の取引で、売り上げ規模拡大を図る戦略が必要です。

海外通販業者への卸取引

大量販売を行っている通販業者は、事業規模も大きく、安心して大きな取引が出来る相手です。商品の選別には厳しい基準がありますが、ブランドネームよりは商品力が重視されますので、知名度の低いブランドでも商品力で勝負出来ます。また、商品の売れ行き次第では、定期的な大量注文が見込めます。

通販業者をターゲットに売り込みを図るのが、海外進出の第一歩としてお勧めの戦略です。

ポップアップストア

店舗販売の場合は小規模小売店が多く、一件ごとの取引量が少ない為、手間の割に売り上げが期待できません。取引先が広がれば、売上代金の回収にも手を取られます。海外進出の第一歩としては、小規模小売店への販売は適切ではありません。

当初は、国内でのブランドのイメージアップ目的に、一流小売店で期間限定のポップアップストアを開くなど、採算よりは宣伝効果を期待した取組に限定することをお勧めします。